健康診断(DIS関連事業所の方)

契約健診機関で受診された場合は、下記負担金以外の費用を健保が負担します。

区分 健康診断対象者 35歳以上被保険者と被扶養配偶者 20〜34歳の女性被保険者 35歳と40歳以上被保険者 36〜39歳被保険者
  費用負担者 受診者負担 受診者負担 事業主負担 事業主負担
標準健診 人間ドック
(特定健診含む)
受診料の5割 健保
補助無し
(全額受診者 負担)
7,000円 3,000円
生活習慣病健診
(特定健診含む)
無料
循環器検診
(特定健診含む)
特定健診
(40歳以上の被扶養者のみ)
事業主
負担無し
事業主
負担無し
がん検診 胃検診
(X線間接撮影)
大腸がん検診
乳がん検診
子宮頸がん検診 無料

注意事項

  1. 標準健診(人間ドック、生活習慣病健診、循環器検診、特定健診)はいずれか年1回
  2. 受診年齢は年度内到達
  3. がん検診は保険証を使用して3割負担で受診した場合は対象外
  4. 女性被保険者(20〜34歳)の子宮頸がん検診について
    (1)補助金の対象となるのは、次の4つの条件をすべて満たす場合です。
     ①前年度に子宮がん検診を受診していないこと
     ②市区町村が実施している検診であること
     ③受診日が当該年度の4月1日から翌年1月31日までの間であること
     ④申請書を当該年度の2月20日までに各事業所の健保担当者へ提出していること
    (2)次の場合は、補助金の対象外となります。
     ①民間の医療機関が独自で実施している検診の場合(ただし、市区町村が実施する検診を、市区町村指定の民間医療機関で受診した場合は対象となります)
     ②疾病の疑い等により受診した場合
     ③保険診療で検診を受けた場合
    (3)任意で子宮体がん検査・HPV検査等を追加した場合、追加分は費用補助の対象外となります。
  5. 健保が実施する健診を受診するには、次の事項に承諾いただく必要があります。
    「この健診事業は健康保険組合と事業主が共同で実施しています。健診結果に基づく事後指導を効果的に実施するため、被保険者分とは別に健保と事業主が健診結果を共同で利用します。」
    承諾いただけない場合は受診できませんのでご承知おきください。
    なお、健診結果は健診指導をすすめる以外の目的には一切利用いたしません。
  6. 任意継続被保険者(40歳以上の被保険者、被扶養者に限る)の方は、原則特定健診のみ受診可能です。受診には特定健診受診券が必要です。ご希望の際は当健保にご連絡ください。

健康診断の手続き方法

DISイントラネットをご覧ください。